再販開始!男の美学を投影した本革の長財布・手帳/ノートカバー | A MAN of ULTRAの新商品、特別コラボアイテム

A MAN of ULTRAオフィシャルサイト

再販開始!男の美学を投影した
本革の長財布・手帳/ノートカバー

  • TOP
  • 特集一覧
  • 再販開始!男の美学を投影した本革の長財布・手帳/ノートカバー
関連商品はこちら

3分の時間制限の中で戦うという美学を、
ビジネスにも使えるレザーグッズに昇華。

コンセプチュアルなレザーグッズ&ジュエリーで人気のブランド〈JAM HOME MADE〉。〈A MAN of ULTRA〉とのコラボレーションでは、ウルトラマンが地球上で戦えるのは3分間だけという点に着目し、そこに男の美学を重ねるレザーグッズが誕生した。

「制限ある中で戦え」というメッセージを伝える「3」の意味。

自身も「タロウ、エース、レオをはじめとするウルトラマンシリーズを、夢中で観て育った」という〈JAM HOME MADE〉ディレクターの増井元紀さん。同ブランドではこれまでも「JAM SESSION」の名目で、ミッキーマウス、スターウォーズ、ガンダム、エヴァンゲリオン、エウレカセブンほか、さまざまなキャラクターとコラボレーションを重ねてきたが、今回のウルトラマンの話にはいつになく胸がときめいたという。

「ただのキャラクターグッズを僕らがつくっても、意味ないですから。ウルトラマンには、インスピレーションに結び付く、共感できるコンセプトがあったんです。ウルトラマンが地球上で戦えるのは3分間だけ。時間の制限の中で、怪獣退治という最高の仕事をして、地球を守るという最高の結果を出しているじゃないですか。僕らもウルトラな男たちとして、限りある時間の中でプロの仕事をして、結果を残していかなくちゃならない。頭の中でその事実に行き着いたとき、モチーフは数字の『3』しかないと確信したんです。後ろ姿のスーツ男は、僕ら自身の投影。『制限のある中で、戦い抜け!』というメッセージとともに、今回のコラボレーションを通じて日本の男たちを元気付けられたら何よりですね」とは、増井さんの弁である。

今回誕生したアイテムは、レザーグッズ3点。得意とするジップロングウォレットのほかに、システム手帳とA5版のノートカバーというビジネスシーンでも活躍してくれそうなラインナップとなった。色でいうと、表がブラック、中がレッドというのは共通。レザーはあえてヌメ革を二次加工で染めた。実際にビジネスシーンで使い込んで貰うことで、持ち主同様、いい経年変化が出るように考えたという。

公式オンラインストアではすでに受付を終了していた本アイテム。再販希望の声にお応えして、ついに再販が決定した。以前は受注生産の形式だったが、今回は数量限定での販売となる。

バイブルサイズのシステム手帳。表はビジネス仕様のブラックだが、中を開けると鮮やかなレッド。いうまでもなくウルトラマンのイメージカラーだ。

 

システム手帳の表で一番大きく目立つのが、数字の「3」。次いで「A MAN of ULTRA」のロゴと後ろ姿のロゴマークがバランスよく配される。
〈JAM HOME MADE〉の人気商品、ジップロングウォレットも、中はレッドにカラーリングされている。使いやすさはすでにお墨付きのもの。

A5版のノートカバー。開いた内側はやはり鮮やかなレッド。RHODIAのA5版ノートをぴったり収めれば、デキるビジネスマンの出来上がりだ。

ウォレットチェーンのアイレットは、機能性に優れた回転式。使わない人は取り外しもできる。取り外した際に見える内側のレッドのカラーリングがワンポイントのアクセントにもなる。

〈JAM HOME MADE〉ディレクターの増井元紀さん

関連商品はこちら