• スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像

「TOYOTA 86×A MAN of ULTRAプロジェクト」
コンセプトカー『M78×86』ついにお披露目!

「“ウルトラな男”のためのクルマを創ろう!」を合言葉に、様々な企業が力を合わせ始動した「TOYOTA 86×A MAN of ULTRAプロジェクト」。そのコンセプトカー『M78×86』が、千葉・幕張メッセで行われた「東京オートサロン2017」(2017年1月13日~15日)でついにお披露目された。ウルトラマンを見て育った40~50代が真に“カッコいい”と思える、まさにウルトラな男のための車の誕生だ。 記者発表会には、A MAN of ULTRAのイメージキャラクターを務めるウルトラマンが登場。エスコートはTOYOTA 86のアクティブなカーライフを提案するために結成された女性ユニット「8648」のメンバーが務めた。 コンセプトカー『TOYOTA 86』はクリスタルブラックシリカをベースに、クロムパーツを中心とした高級感漂う仕上がり。フロントフェイスには、八つ裂き光輪をイメージし、「M78星雲」と「86」を掛け合わせた『M78x86』のオリジナルエンブレム、グリルには『TOYOTA 2000GT』のフロントグリルをオマージュしたデザインを装備するなど、全体的に“渋いオトコの魅力“を表現したデザインとなっている。

コンテンツ2画像

アンベールの後、お披露目された『M78×86』とともにポーズを決めたウルトラマンは報道陣から一斉にフラッシュを浴びた。 記者発表会で行われたトークセッションには、日本カー・オブ・ザ・イヤーの実行委員を務める近藤正純ロバート氏、モータースポーツ界の「ウルトラな男」代表として、レーシングドライバーの織戸学氏、A MAN of ULTRAのエグゼクティブプロデューサー佐藤佳世子が登壇。「A MAN of ULTRA」ブランドの誕生から「TOYOTA 86×A MAN of ULTRAプロジェクト」始動の経緯、コンセプトカー『M78×86』が製作されるまでのエピソードや、こだわりのデザイン部分について語られた。 ウルトラマンを見て育った大人たちに、「今度は自分自身がヒーローになろうよ!」「ウルトラな男になろうよ!」というメッセージを届けるために2015年4月に誕生した「A MAN of ULTRA」。「昭和のウルトラマン世代となる40~50代の方にとって、かっこよさの象徴として車は欠かせないものでしたから、いつか『A MAN of ULTRA』で車を作ることが目標だったんです。」と佐藤エグゼクティブプロデューサー。 『M78×86』は、そんな想いに賛同して集まった車のスペシャリストたちが力を結集して誕生したのである。 プロジェクトメンバーに名を連ねる近藤氏からは、『M78×86』の製作にあたり、ベース車としてTOYOTA 86を提案したことや、ウルトラマンの故郷である「M78星雲」と「TOYOTA 86」というそれぞれ重要な意味を持つ数字をデザインに取り入れていることなどが語られた。

コンテンツ1画像

①『T』グリルが特徴的なフロントフェイス ②バックショット ③高級感のあるサイドウィンドモール ④エンブレムのウィングタイプが入ったリアウィンドシェード ⑤『M78×86』のエンブレム ⑥マフラーにも『M78×86』マーク ⑦『M78×86』のモノグラムが施された内装 ⑧A MAN of ULTRAのブランドロゴが入ったピラーパネル デザインについてレーシングドライバーの織戸氏は、「ウルトラ警備隊のシルバーの車(ポインター)みたいなのをイメージしてたんですが、ブラックベースでそこからもう大人向けになってるのが伝わってきますよね。言われなきゃわからないようなウルトラマンモチーフのデザインが散りばめられていて、ウルトラマン世代にはたまらないです。」と太鼓判。 その他「TOYOTA2000GT」のフロントグリルをオマージュした『T』グリルや、カラードガーニッシュになっているリヤフェンダー、メッキパーツとなっているサイドウィンドモール、ドアハンドル、ピラーパネルなどの特徴を挙げ、ワンランク上の大人のためのデザインに仕上がっている『M78×86』を絶賛した。 「気になる価格と販売時期は?」という質問に「価格は現状未定ですが、東京オートサロンと大阪オートメッセの反響をみて、春には発売を目指したいと思っています。」と近藤氏。なお、こちらのコンセプトカー『M78×86』は2月10日より行われる大阪オートメッセ2017にも展示が決まっている。

サブコンテンツ1画像

近藤正純ロバート氏(左) 織戸学氏(右)

サブコンテンツ2画像

八つ裂き光輪をイメージし、「M78星雲」と「86」を掛け合わせたエンブレムは、よく見るとウルトラマンの横顔がデザインのモチーフになっている。

サブコンテンツ3画像

織戸氏が着用しているスカジャンは『M78×86』のためにデザインされた特別バージョン。

ウルトライーグルスカジャンをはじめ、コンセプトカー『M78×86』の発表を記念したアイテムが多数発売された(公式オンラインストア・大阪オートメッセ2017にて発売)。

コンセプトカー『M78×86』コラボ限定アイテム

サブコンテンツ1画像

Switch Planning ウルトライーグルスカジャン/32,184円(税込) ウルトライーグルスカTシャツ/9,612円(税込)

サブコンテンツ2画像

Black by VANQUISH レザーダブルライダース/64,800円(税込) ポケットプリントTシャツ/5,940円(税込) 缶バッジトートバッグ/4,860円(税込)

サブコンテンツ3画像

VIVIFY 八つ裂き光輪ジーンリング(キーホルダー)/3,780円(税込)

サブコンテンツ4画像

SAMOURAI カーフレグランス/1,944円(税込)

サブコンテンツ5画像

maebata ステンレスボトル(タンブラー)420ml/4,800円(税込) ステンレスボトル(タンブラー)320ml/4,500円(税込) マグカップ/2,500円(税込)

  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像