• スライダー画像
  • スライダー画像

「Urban Commuter BACK PACK」シリーズ
第2弾「エレキング」登場

コンテンツ1画像

自転車愛好家たちの間で評判のバッグブランド「beruf baggage(ベルーフバゲージ)」。 「デザインと機能性に優れ、オフにも仕事のシーンにも使える」と人気だ。 昨年発売して人気を博した「Urban Commuter(アーバンコミューター)」は、丈夫で軽くて水にも強いことで知られるバリスティック織りのコーデュラナイロン素材を採用。ビジネスシーンにもなじむ色として、外側はオールブラックのシックな装い。肩から背中にかけて心地良く収まる形状で、自転車ユーザーにも、スーツにもよく似合う。内側は打って変わってエレキングをモノトーン調にアップデートしたモダンなデザインで、クールさの中に遊び心が効いている。

最大の魅力は考えつくされた機能性

コンテンツ2画像

何よりこのバッグの特徴は、考えつくされた機能性。 通勤に必要な荷物+αを収納できる18.5ℓの大容量。15インチPCも専用ポケットにすっぽり収納できる。もちろん、仕事帰りのジムで使うアイテムも余裕で入れることができる。 外側両サイドには、傘やペットボトルが収納できる便利なポケットを装備。内装の背面側ポケットはノートPCから、ペン、ケーブル類などさまざまなガジェットをきちんと整理して入れられ、取り出しも非常にスムーズ。 また、水をシャットアウトする止水を施したファスナーはダブルジップ仕様で、270度ワイドに開閉。従来、降ろさなければ中身を取り出しにくかったリュックの欠点を克服。フルに開けることで肩にかけたままでも中身を取り出せる。大容量に加えこの機能性の高さが人気の秘密でもある。

ビジネスマンの要望を 細部までかなえる
リピーター続出のバックパック

コンテンツ1画像

それだけではない。ビジネスバッグで要望が多い底鋲(そこびょう)も装備。バッグ自体が自立するので、安心して地面に置くことができる。 その他、収納可能なショルダーストラップや、暗所で光が当たると反射するリフレクトコードを織り込んだループ状の引き手など、隅々まで「使いやすさ」が配慮されている。 デザインと機能性を完備した信頼度の高いバッグを、ぜひ使ってみてほしい。リピーターが続出する人気の理由がわかってもらえるはずだ。