• スライダー画像

2017年に放送開始50年を迎えた『ウルトラセブン』。中でもウルトラセブンの造形の美しさは、時を経た今も多くの人の心をつかんで離さない。A MAN of ULTRAでもウルトラセブンモチーフは人気を誇るアイテムだ。

アイスラッガーをまとう。
ウルトラなフードパーカー

コンテンツ1画像

「Magine(マージン)」のフードパーカー。 動きやすいスウェット素材で、裏地はパイル状のタオル生地のような感触。フード部分にプリントされているのが、アイスラッガーデザインだ。フードをおろしているときは目立たない仕様だが、かぶると両側にアイスラッガーが登場するグラフィックの強さが魅力。 着るだけで勇気が湧いてくるような、頼もしい気持ちにさせてくれるデザイナーの想いがストレートに表現された1枚だ。

コンテンツ2画像

デザインの仕掛けはそれだけではない。腕部分にプリントされているのは、ウルトラセブンのボディにあるシルバーラインをイメージしたもの。ウルトラセブンの前から後ろにかけてのシルバーラインを巧みに表現。さらに両袖を合わせると、ウルトラセブンのボディラインに見える遊び心も効いている。

曲線美と職人技術が光る
アイスラッガーベルト

コンテンツ1画像

アイスラッガーの形が大胆に配された「JUNKO MAKINO」の国産革ベルトも反響を呼んでいる。 バックル部分はこのためにオリジナルで成型されたもの。職人の手作業で金属に磨きがかけられ、正面や上からのアングルでも美しい曲線を描いているアート作品のようなアイテム。バックルにかかるベルトの革はしっかりとした厚みがあるので、着けたときのバランスも美しい。実用性も兼ね備えた逸品。

綿100%の柔らかい着心地。
ウルトラアイが鮮やかなTシャツ

コンテンツ1画像

都会的なファッションを提案する「daboro(ダボロ)」のTシャツ。 柔らかくて着心地のよい綿100%の天然素材。前面に大胆にプリントされたウルトラアイは、フロッキープリントという手法が使われており、マットな質感と、ベルベットのような手触りが特徴だ。バリエーションで「7」バージョンもラインナップ。ウルトラセブンをモチーフに、イマジネーション豊かに表現されたデザインは、A MAN of ULTRAの魅力でもある。ぜひワードローブに加えてほしい。

内側から気持ちを盛り上げてくれる
“勝負”ボクサーパンツ

コンテンツ1画像

デザインと履き心地を追求したアンダーウェアが人気の「TOOT(トゥート)」。 上半身から腰回りのボディラインをスマートに演出してくれるローライズ型は、ウルトラな男にとっても心強い味方だ。 ストレッチ性の高いナイロン素材と、ムレを低減するコットン素材のアンサンブルがストレスフリーな履き心地を実現。また、立体裁断という手法で縫製されたフロントのカップ部分は、身体のあらゆる動きにフィットするように計算されて作られており、普段履きはもちろん、スポーツ時にも最適な1枚だ。 バックにプリントされたロゴは、TOOTとウルトラアイを融合したオリジナルデザイン。ここ一番の大勝負でぜひ身につけてほしい。

そのほかにもウルトラセブンモチーフはラインナップが充実。アクセサリーや雑貨も人気なので、組み合わせを楽しんでみてほしい。ウルトラセブンモチーフ商品一覧は下のボタンから。