• スライダー画像

モードとカジュアルが融合する人気のセレクトショップLOVELESS(ラブレス)&GUILD PRIME(ギルドプライム)から、A MAN of ULTRAとの新作コラボ商品が続々登場。いよいよ冬本番、ウルトラな男にふさわしい上質ニット、保温性抜群のアウター、職人技が炸裂のファッション小物まで紹介する。

ウルトラマンカラーの
人気カモフラ柄ニット

コンテンツ2画像

ウルトラマンカラーのシルバーグレーに赤を効かせた、カモフラ柄プルオーバー。真冬にぴったりの厚手で目のつまった編み生地だが、着心地は非常に軽く、モヘヤ混のふんわりしたあたたかな触感が心地よい。
胸にあしらわれたヨーロピアンなタイポグラフィーが、さりげないデザインアクセントに。よく読んでみると、「shuwatch★」=シュワッチ 気づいた者のみが思わずニヤリとしてしまう、大人の遊び心がニクい。胸にはいつもウルトラマンのあの声を抱き、ニットに大胆にあしらわれたカモフラ柄は大宇宙の星雲にも似て、寒い休日を体も心もあたたかく過ごせる、とっておきの一着になりそうだ。

洗練された「ダダ」配色と
計算されたタイポグラフィーに注目

コンテンツ1画像

同じくカモフラ柄のプルオーバー。こちらは絶大な人気を誇る三面怪人「ダダ」をイメージし、ボディカラーであるモノトーンを使用。
胸にはダダの三面性を表現すべく、“DADA”を刺繍で3回リフレイン。洗練されたタイポグラフィー、計算しつくされた配置、白・グレー・黒の微妙なグラデーションは、「新しいブランド?」と思わせてしまうほどの完成度の高さだ。「分かる人には分かる」アソビと、服としての仕立てのよさが、袖をとおす度に嬉しくさせる。
手持ちの服とも合わせやすい色なので、真冬のカジュアルスタイル、アウトドアなど幅広く活躍してくれる。

上質感と遊び心
“ウルトラな”カシミヤ

コンテンツ2画像

ウルトラな男は、ぜひ素材にこだわりたい。これからのシーズンに欠かせないのは、上質なカシミヤ100%のニットだ。
三面怪人「ダダ」の最もシンボリックなアイカラーであり、唇の色であるピンクからインスパイアされたソフトピンクに、ただの無地ニットではつまらないと、あえて“DADA”を刺繍したブラックのステッカーをプラス。このブラックと袖口のラインがアクセントになって、甘いだけのピンクから脱却、上質なカシミヤの風合いと相まって、上品かつシャープな印象を生み出している。
冬物のアウターはダークな色が多いので、アウターインのピンクは絶妙の差し色になる。暖色はあまり着ないという人でも着こなしやすいはずだ。

文句なしの着心地、保温性
着回し力も高い一枚

コンテンツ1画像

こちらはウルトラマンカラーのシルバーグレーのVネック。同じくカシミヤ100%、非常に柔らかで肌触りがよく着心地は申し分ない。
胸にはウルトラマンのかけ声を丁寧な刺繍であしらってみた。刺繍されたステッカー生地、周囲の白い縁取り、ウルトラマンレッドの「shuwatch★」。
見れば見るほど、袖の赤×白のラインとのバランスをも考慮した、実に細かく計算されたデザインであることが伝わってくる。このステッカーがなかったら…とぜひ想像してみてほしい。ただのグレーのセーターでどこか味気なくはないだろうか。
ウルトラマンのエッセンスを大人流に解釈し、さりげなく身につける楽しさを味わってほしい。

冬の白×上質素材が生む
洗練されたテイスト

コンテンツ2画像

清潔感のあるさわやかな白は、今や冬のファッショにも欠かせない定番カラー。白でも寒そうに見えないのは、上質なカシミヤ100%だから成せる技。
柔らかい風合いのオフホワイトに、ウルトラマンカラーの刺繍ステッカーが絶妙なアクセントになって、さわやか、かつあたたかい印象を与えてくれる。さらに袖口の赤×グレーの配色ラインが全体を引き締め、ソフトさとシャープさを合わせ持つ、ウルトラな男の世界観をさりげなく表現している。アソビがあるのにむしろ洗練された雰囲気が漂う、合わせるシャツの色もアウターの色も悩まない、優等生的ニット。

サブコンテンツ1画像

ウルトラマンカラーのライン使い

左の袖口には、配色を効かせた赤・白・シルバーのウルトラマンカラーのライン使いでデザインアクセント。両袖ではなく片方だけというのがニクイ。「ダダ」にも黒ではなくあえてのウルトラマンカラー。ここは「だめだ、ウルトラマンは強い」と言ったダダの言葉を思い出してほしい。

隠れセブンモチーフが
心をくすぐる秀逸ダウン

コンテンツ1画像

上質なホワイトグースダウンを使用した、抜群の保温性と軽量な着用感が魅力のダウンジャケット。
センター、両袖、フードに入ったシャープな白の二重ライン、ファスナーやフード裏にはアクセントのウルトラマンレッド、さらにポケット部分の白いレザーパッチが、スポーティーでアクティブな印象を作り上げている。肝心なデザインの仕掛けは、実は他にある。
左胸にはLOVELESSのシンボルであるナイトマークに、ウルトラセブンのアイスラッガーを組み合わせたワンポイント。ビームランプの色・グリーンをラインストーンであしらっているのも心憎い。さらに襟元には、ウルトラセブンをイメージして数字の「7」を赤のラインストーンでデザイン。ウルトラセブンへのオマージュがやり過ぎることなく、密やかに込められた、秀逸な一着だ。

サブコンテンツ1画像

アイスラッガーのワンポイント

LOVELESSの象徴のナイトマーク…と思ったら、頭の上にはウルトラセブンのアイスラッガー。さらにアイスラッガーを彩るのはビームランプと同じ色のグリーン。間違い探しのような楽しい仕掛けに思わず顔がほころぶ。

サブコンテンツ2画像

鮮やかに輝くウルトラセブンの証

ファスナーを襟元まで閉めればそこに輝くのはラインストーンでデザインされた「7」。どことなく「ウルトラセブン」のロゴを彷彿とさせる、少し太めのユニークな書体も、遊び心が効いている。

ウルトラVSバルタン星人
上質なハイゲージマフラー

コンテンツ1画像

ウルトラマンとバルタン星人をイメージした、鮮やかなカラーリングのハイゲージマフラー。
“セブンダウン”の胸元に合うマフラーをという発想から生まれた、ウルトラな男のための品だが、ウルトラな理由は他にもある。実はこのマフラー、知る人ぞ知る群馬県桐生市で明治40年から織物業を営む有名メーカー「マツイブラザーズ」の手によるものなのだ。
印象派にインスパイアされた、絵画を思わせる洗練されたデザインは、別名「ミュージアム・ニットマフラー」とも呼ばれ、実際ニューヨークの有名美術館のショップでも販売されているほど。また、その繊細な製造工程から1日100本程度しか作れない、とても希少価値の高いマフラーなのだ。“セブンダウン”にはもちろん、時にはビジネスコートの胸元にも軽やかに巻き、ウルトラな男を演出するのもいい。

サブコンテンツ1画像

数量限定、夢のトリプルコラボ

マツイブラザーズ×ギルドプライム×A MAN of ULTRAの数量限定トリプルコラボ。「ULTRA」「BALTAN」のタグも嬉しい。