• スライダー画像
  • スライダー画像
  • スライダー画像

薄さや小ささにこだわったabrAsus(アブラサス)による、“ウルトラな男”への提案が始まっている。
2017年12月7日より、三面怪人ダダと科学特捜隊の流星マークをモチーフにした2バージョンで
『薄い財布』『小さい財布』『薄いメモ帳』の3商品を発売。今回は『小さい財布』と『薄いメモ帳』を紹介する。

手のひらやポケットに

すっぽりと収まるサイズ

コンテンツ2画像

『薄い財布』を開発したabrAsusのデザイナー南和繁さんは、次々と携帯性に優れたアイテムを世に送り出していく。出回っている財布で“小ささ”を掲げたものは少なくないが、目指したのは“ダントツの小ささ”。試行錯誤を重ねて誕生したのは、ほぼカードサイズの『小さい財布』だ。カードは折り曲げられないから、理論上到達できる究極の小ささと言うことができるだろう。

続いては『薄いメモ帳』。「何時でもどこでもメモができるように、ポケットにメモ帳を入れておきたい。でも分厚いものだとポケットが膨らんで快適ではない」――こんな悩みをA4のコピー用紙を折り畳んで使用することと、メモ帳自体を回転させるという大胆な発想で解消。書き終えた“過去”は都度抜き出し、必要な“現在”だけを持ち歩くことで薄さをキープできるのだ。

これらのクールさが、“ウルトラな男”に響かないわけがない。コラボレーションするにあたり南さんがモチーフに選んだのは、三面怪人ダダと科学特捜隊の流星マーク。前者のモノトーンの幾何学的な縞模様、後者の流星マークの青と赤、ともに魅力的でどちらかを選ぶ判断を下すのが辛いほど。中身の入れ替えは容易だから両方揃え、その日のTPOに合わせて選ぶのも有力な解決策のひとつだろう。

サブコンテンツ1画像

約6×9㎝。開いてもコンパクト

手のひらに載るカードサイズだが、コイン、紙幣、カードがしっかり入る。ジャケットの内ポケットや、シャツの胸ポケット、パンツの前ポケットにすっぽり。小さな女性用のパーティーバッグにも、存在感を消してすっきり収まってしまうほどだ。abrAsusの“小ささ”へのこだわりが詰まった財布である。

サブコンテンツ2画像

ホックを開くとカードケース

この財布では、5枚の本当に必要なカードだけを選択して、持ち歩くスタイルを提案。常に財布に入れて身につけるカードとバッグに入れておくカード、ふだんは自宅に置いておくカードを分別することで、快適な小さい財布を実現。カードは切れ込みから押し出すようにスライドさせることで容易に取り出せる。

サブコンテンツ3画像

コインもたっぷり入れられる

コインケース部分に専用の蓋を設けていないのが特徴。本体部分が蓋の役割をすることで余分なパーツを省き、より薄く小さな財布に。また蓋を開ける手間が要らないことから、ホックを外すだけのワンアクションでコインケースにアクセスすることが可能になった。ちなみにコインは約20枚収納することができる。

サブコンテンツ4画像

紙幣は折ることなく収納可能

一般的に小さな財布として流通しているものには、コインケース部分に紙幣を折り畳んで収納するタイプが少なくない。しかしそれでは支払いシーンなどで、紙幣を折ったり延ばしたりせねばならず手間がかかる。『小さい財布』は取りだしやすさ、収めやすさにも考慮して、使用時のストレスを軽減している。

サブコンテンツ5画像

「現在書いているページ」のみ携行

「メモスペースは大きい方がいい」でも「メモ帳は小さな方がいい」。この相反する課題を克服したのが『薄いメモ帳』。メモ帳がかさ張るのは、「過去に書いたページ」「現在書いているページ」「未来に書くページ」を全て持ち歩くから。「過去」は保存、「未来」は出先で入手という発想でこの薄さを実現させている。

サブコンテンツ1画像

約6㎜。劇的にコンパクトな薄さ

使用するのはA4のコピー用紙が1枚のみ。こちらを折り畳んで挟むと画像のような極薄で、いつもポケットに入れておけるから、メモするチャンスを逸しない。書き終わったメモは、ファイリングやスキャンして保存。出先で用紙の補給に迫られたとしても、どこでも手に入れやすいサイズの用紙だから心配は無用だ。

サブコンテンツ2画像

A4コピー用紙が7ページのメモに

使い方は簡単。まずどこにでもあるA4コピー用紙を用意。タテに二つに折り、横に四つ折りした折り目をつけた後に開き、端を本体に差し込んで折りこんだら準は完了。途中4ページ目まで書きこんだら、本体上下をくるりと回転させて残り3ページを記入。全て書き終えて広げると、文字が同じ向きで扱いやすい。

サブコンテンツ3画像

これさえあればいつも安心

名刺やカードも数枚挟んでおけるので、急なミーティングや商談、また不意に取引先と遭遇しても『薄いメモ帳』さえ持っていれば、とりあえず大丈夫。本体にフィットしているabrAsusオリジナルの『ぴったりなペン』は、ゼブラ社が製造しているため、替芯は入手しやすくて、種類も豊富にそろっている。

サブコンテンツ4画像

“三面怪人ダダ”シリーズ

ウルトラマンに登場した三面怪人ダダがモチーフ。モノトーンの幾何学的な縞模様があしらわれた『小さい財布』『薄い財布』『薄いメモ帳』は、すべて驚きの薄さと小ささ。

サブコンテンツ1画像

“科学特捜隊”シリーズ

こちらはウルトラマンと共に戦った科学特捜隊の流星マークバージョン。隊員の胸で輝く流星マークの青と赤を基調とした『小さい財布』『薄い財布』『薄いメモ帳』。そろえて使いたい。

➡ 特集第1弾「『薄い財布』『小さい財布』『薄いメモ帳』を発売!」はこちら
➡ 特集第2弾「ポケットの中でとても快適な二つ折り革財布」はこちら