• スライダー画像

春になると何か新しいことを始めたくなる。新しいレジャーに挑戦するもよし、趣味の道具を新調するもよし。気持ちよくオフタイムを過ごせれば、仕事の時間も充実する。仕事も遊びも手を抜かない、それがA MAN of ULTRA流。オフタイムを楽しい気持ちを高めてくれるおすすめアイテムをご紹介する。

プロも愛用する羊革で
ナイスショットを目指す

コンテンツ2画像

グリーンに出るのが気持ちいいベストシーズンがやってきた。ハイスコアを目指すにはいいギアは不可欠。クラブだけでなくグローブも然りだ。A MAN of ULTRAではプロ向けに使用されるプレミアムシープレザー(高級羊革)を採用。グリップ感の弱いグローブは手が滑りショットもぶれがちだが、羊革は薄くて柔らかいのでフィット感は抜群。納得感のあるショットが期待できる。
マジックテープで留めるベロ部分には、個性的で妥協なき物づくりをモットーとする「Crime Of Angel(クライムオブエンジェル)」のロゴと、ウルトラセブンのモチーフ(黒×赤)やダダのボディをイメージしたグラフィック(白×黒)を融合したロゴがあしらわれ、グリーン上でもさりげなく個性を発揮できそうだ。春の日差しの下では意外に汚れが目立つもの。この機会に新調を。

サブコンテンツ1画像

【グリップ感が魅力の天然皮革】

グローブには天然皮革と合成皮革がある。価格やメンテナンスの面では合成皮革に軍配が上がるが、天然皮革は薄く柔らかいため手のひらが開け閉めしやすく、プロの多くは天然皮革を使用しているのが現状。消耗品なのでコストは少々気になるが、その柔らかさ、フィット感をぜひ実感してほしい。

これぞ奥深い大人の遊び
道具にもこだわりたい

コンテンツ1画像

紳士の国イギリスで生まれたダーツは、大人の遊びとして発展してきた歴史がある。単純なのに奥深いルール、お酒を嗜みながら楽しめる気軽さ、ここぞの場面で問われる集中力や精神力。やればやるほど魅了されるスポーツは、マイダーツがあればさらに愛着が湧く。

パッケージからダーツの各パーツまで、ウルトラセブンとゼットンをモチーフにした本格ダーツセットは、品質、デザインの双方にこだわりを発揮した逸品だ。
特に注目したいのはバレル(金属製の筒の部分)。通常バレルの表面はシルバー一色でシンプルなものが多いが、今回のモデルはそれぞれのイメージカラーを「ペイント技法」で配色。このような手の込んだ加工は非常に珍しい。また素材はプロプレイヤーモデルに使用されるタングステン90%を採用。プロの意見も反映し、重みを感じられる投げやすさを実現した。上級者が実戦で使ってもまったく問題のない品質だ。

付属品として業務用ダーツマシン「DARTSLIVE2」で使用できる「DARTSLIVEカード」もセットされており、プロプレイヤーから初心者まで満足できる内容になっている。

サブコンテンツ1画像

【一線を画すバレルのデザイン】

セブンモデルは赤いラインとビームランプをイメージした緑色に加え、ウルトラセブンのシルエットを投影。
ゼットンモデルは、バレル全体に施したブラックコーティング+黄色でゼットンカラーを再現。さらにバレル後方の形状はゼットンの手足のシルエットをイメージするなど、そのこだわりに脱帽。

サブコンテンツ2画像

【インテリアとして飾っても】

A MAN of ULTRAオリジナルのフライトとバレルは、ダーツスタンドを使用してインテリアとしても飾って楽しめる。シンプルながら上質素材を使用したパッケージも、見ているだけで心満たされるような趣き。プレゼントとして贈っても喜ばれるだろう。

ドライブを盛り上げる
「ウルトラな男」の香り

コンテンツ1画像

車で出かけるのにも気持ちよい季節になってきた。カーフレグランスが冬のままではちょっともったいない。これからの季節にふさわしい、爽やかさと大人の色気をあわせ持ったた香りにチェンジしてはどうだろう。
幅広い世代から支持を得る「SAMOURAÏ(サムライ)」が、A MAN of ULTRAのためだけに調香した特別なカーフレグランス。「ウルトラな男」をイメージした「アロマティック フローラル&ウッディ」、最初は柑橘系のベルガモット、甘いプラム、自然なリーフィグリーンの爽やかな香りが漂う。その後にジャスミンなどのフローラル系が来て、その奥にバニラ、ウッディなど大人の色気を感じる香りが存在感を放つ。
ガラス製のボトルは、独特な流線型を描いておりエレガントな印象だ。ダッシュボードなどに固定する置き型タイプ(左)と、クリップでエアコンに取り付けるタイプ(右)の2種類。シンプルでシックなデザインで、車内をラグジュアリーに演出してくれるビジュアルがうれしい。
たかが香り、されど香り。大人の男たる所以はこんなところに見え隠れする。

こだわりのタンブラーで
ペットボトルとおさらば

コンテンツ2画像

マイボトルは欲しいがみんなと同じではつまらない、という人にぜひおすすめしたいのがA MAN of ULTRAオリジナルの魔法瓶タイプのタンブラーだ。落ち着いたマットな黒に、ウルトラマンの必殺技「八つ裂き光輪」をモチーフにした『M78×86』のエンブレムを印象的にプリント。潔いオールブラックがなんともシックなデザインだ。
飲み口は大きく、360度どの向きからでも直飲みすることができ、使用後の手入れも簡単だ。車内に飲みかけのペットボトルが散乱・・・ではせっかくのオフタイムも台無し。豆を挽いて丁寧に入れたコーヒーをボトルにつめて、ドライブや旅行先で、「八つ裂き光輪」モチーフを握りしめながら、充実した時間を過ごしてほしい。

サブコンテンツ1画像

【「八つ裂き光輪」に隠された遊び】

ブラック、シルバーの八つ裂き光輪のモチーフ部分をよく見ると、ウルトラマンの横顔をイメージしたグラフィック! こんなちょっとした遊びが心をくすぐる。

御朱印帳を持って
寺社めぐり

コンテンツ1画像

神社仏閣めぐりが趣味だという人も多いだろう。参拝の証に御朱印をいただくのもいいものだ。どんな御朱印帳にしようか迷うところだが、縁起のよいモチーフがウルトラな男にはふさわしい。

富士山を臨む山梨県富士吉田市で、掛け軸や和風小物の生地を製造してきた光織物有限会社が、6年前に大学との産業商品開発プロジェクトで立ち上げたブランド「kichijitsu」。このkichijitsuとのコラボレーションで誕生したのが、縁起物の富士山がまぶしいGOSHUINノートだ。青富士よりもさらに縁起がよいとされる赤富士を、ウルトラマン、ウルトラセブンのボディカラーにあわせた赤と銀で表現。ウルトラマンモデルには、八つ裂き光輪をモチーフにした雲やスペシウム光線をイメージした後光をデザイン。ウルトラセブンモデルの方にはウルトラアイやアイスラッガーを丁寧に織り込んだ。富士山とヒーローモチーフの共演というわくわくする仕上がりになっている。
御朱印帳としてはもちろん、結婚式などの芳名帳、アルバム、スクラップブックと幅広く使える。オフタイムがますます充実しそうだ。

サブコンテンツ1画像

【伝統技法×ヒーローモチーフ】

掛け軸や和装小物、ひな人形にも用いられる金襴緞子(きんらんどんす)用の金糸を織り込んでいるため、色合いがとても鮮やかなのが特徴。八つ裂き光輪、ウルトラアイなどのモチーフが伝統技術によりきめ細やかに織り込まれているのも、心を熱くする。