• スライダー画像

男にとってアクセサリーとは、おしゃれに見せるためのファッション的要素というよりも、身につけると安心する、気分が上がる、勇気やパワーがもらえる、そういう精神的要素の方が大きいかもしれない。
クリエイターたちをインスパイアし続けるウルトラ怪獣の、モチーフや柄を斬新なデザインに落とし込んだアクセサリー。ウルトラマンに戦いを挑み続けたウルトラ怪獣、星人たちのパワーを身にまとう“アンチヒーロー感”は、大人だからわかる楽しみかもしれない。

クリエイターを刺激し続ける
美しき幾何学模様

コンテンツ2画像

黒とシルバーのコントラストが美しい「PUERTA DEL SOL(プエルタ・デル・ソル)」のリング&アクセサリー。「三面怪人ダダ」のボディを覆う幾何学模様をモチーフに、デザイナーが手描きでデザインを起こしてデータ化。それをレーザーで彫刻したところに黒い樹脂を流し込むという方法で、実に丁寧に仕上げている。

多くのミュージシャンや著名人から支持を受けているプエルタ・デル・ソルは、そのコンセプトは「ROCK&LUXURY」。そこには“ROCK”=音楽だけでなくやりたい事を貫く精神やスタイル、“LUXURY”=やりたい事を貫くスタイルこそが本当の贅沢という意味が込められている。ダダへの愛や親しみだけでなく、クリエイターの思いも重なり、いつも身につけていたいアクセサリーになりそうだ。

サブコンテンツ1画像

【ジオメトリックな柄に注目】

ネックレスはダダの胸部分のシンメトリックな柄にフィーチャー。一見ダダの柄とはわからない、洗練されたデザインが憎い。アジャスターは5cmあるので、襟元の開き具合に合わせて長さを調節ができる。

サブコンテンツ2画像

【手描きとレーザーの融合】

丁寧な仕上がりながら、手描きの味わいも感じられる力強い彫刻は、ダダの膝から脚にかけての柄をモチーフにしている。内側にはPUERTA DEL SOLの“ナイト”マークとA MAN of ULTRAの刻印も。リング、ネックレス共に高純度のシルバー950を使用している。

刀を思わせる
凛とした輝き

コンテンツ1画像

シャープで重厚感のある輝きと、凛としたたたずまい。上質なシルバーアクセサリーを扱う「haraKIRI(ハラキリ)」は、「バルタン星人」「メトロン星人」のモチーフを豪快かつスタイリッシュに表現した。純度の高い地金が生み出す、透明度の高い輝きがこれからの季節にふさわしい。
チェーンは約50cm、ちょうど鎖骨の下あたりにペンダントトップがくる長さだ。Tシャツやニットとも相性が良い、スタイリッシュかつベーシックなアイテムだ。

サブコンテンツ1画像

【ロックテイストのバルタン星人】

燃え上がる炎のようにも見えるモチーフは、バルタン星人をロックテイストなグラフィックにアレンジしたもの。サイドのエッジの効いた刻印も美しい。

サブコンテンツ2画像

【メトロン星人をシンボリックに】

『ウルトラセブン』で強い印象を残したメトロン星人は、正面と背面のモチーフを組み合わせてシンボリックに表現。倒される存在であるウルトラ怪獣への愛をにじませる、秀逸なデザインだ。

わずか幅6㎜に凝縮された
ヒーローたちの世界

コンテンツ1画像

洗練された、美しいネオ・クラシカルな文様だ。しかしよく見てみると、センターに輝くのはブルーサファイアを配したウルトラマンの必殺技「八つ裂き光輪」。その横にはウルトラセブンの「アイスラッガー」、さらにバルタン星人のヘッドまで。子どもの頃憧れたヒーローや怪獣のモチーフが、シンボリックなデザインとなって幅約6㎜のわずかなスペースに凝縮されているのだ。
大人のためのジュエリーを生み出す「ユートレジャー」らしい、落ち着いた風合いのバングルは、内側の金属を減らすことで、強度を保ちつつも、日々身につけやすい軽さを実現している。こういった細かい配慮、仕事ぶりもさすがだ。

いつも腕には、凝縮された“ウルトラマンの世界”がある。そう考えただけでワクワクしてくる。

サブコンテンツ1画像

【ワイルドな「エレキング」モデル】

こちらは、一面にボディのモチーフをイメージした模様を刻みこんだエレキングモデル。文様にいぶし仕上げを施し、ダークな色合いでワイルドな雰囲気に仕上げている。